こだわりの同人誌を作る【印刷会社を利用する時のコツ】

同人誌を印刷するなら表紙加工にこだわろう!

素敵な同人誌を作るために

オリジナルのキャラクターや作品をアピールするためには、人とは違う工夫をするといいでしょう。イベントで定番の同人誌は表紙の印刷で差をつけることも可能です。どんな印刷方法があるのか見てみましょう。

表紙加工で人気の加工5選

no.1

フルカラー印刷

表紙をフルカラーで印刷することができます。2~3色の少ない色で印刷する多色刷りと比べ、見栄えが良くなり目に止まり表紙になるため最も人気が高いです。

no.2

表紙裏印刷

表表紙、裏表紙の裏側に印刷する方法です。印刷の種類を選ぶこともできます。制作秘話や小ネタを入れるときに印刷する人が多く、フルカラー印刷に次いで人気となっています。

no.3

箔押し加工

表紙に箔押しをすることで高級感を出します。メタリックな輝きがあるので、陳列したときに目立って売上にも繋がりやすいでしょう。

no.4

空押し加工

紙にイメージや文字の金属板を強く押し当てることで、表紙をへこませる面白い加工です。見た目だけでなく触り心地も変わるので、おしゃれな感じにしたい人に人気です。

no.5

PP加工

表紙の表面にフィルムを圧着させ、人とは違う加工をしたい人に選ばれています。つるっとした感触の加工や、マット加工があるので仕上げたい雰囲気に合う物を選ぶといいでしょう。

こだわりの同人誌を作る【印刷会社を利用する時のコツ】

漫画を読む人

印刷会社の選び方

同人誌を作る場合の印刷会社を納期や印刷の色味、費用の安さなどにこだわって探すのもいいですが、可能であれば極力近い場所で選ぶといいでしょう。印刷する時は注文から納品まで、顔を合わせずにやり取りすることも可能ですが、ちょっとした色味の違いを伝えたりするには直接顔を合わせたほうが伝えやすいですね。

入稿期限には要注意

印刷の種類によっても納品までにかかる期間が異なりますし、トラブルが起こる可能性も考えて、余裕をもって注文しておいたほうがいいでしょう。また、データ作成になれていないのであれば、デ-タ不備があるかもしれないので、少し早めに依頼しておくといいですね。

イベント時には直接搬入が便利

同人誌作成をしている印刷会社によっては、イベント会場に当日搬入してくれる所もあります。それなら重たいものを自分で運ぶ必要がなくて楽ですね。対応していない所もあるので、印刷を依頼する時に確認しておくといいでしょう。

広告募集中